ミーティング

急な内装工事などの仮オフィスとしてコワーキングスペースを活用

キーボード

普段、業務に使用しているオフィスにおいて修繕などにより内装工事が急遽必要になることは少なくはありません。水道管や下水管の老朽化により漏水が発生し、緊急工事が必要になることもあります。しかし、事業活動を停止する訳にはいきません。一時的な仮オフィスを急遽確保したいという際にはコワーキングスペースの活用がおすすめです。コワーキングスペースは急な契約にも対応しており、最短即日で利用できる物件も多数あります。さらにOA家具やOA機器、インターネット環境が整っているため、直ぐに事業活動を再開することができます。急な工事で仮オフィスを賃貸物件で探しても、内装工事が必要になるだけでなく、引っ越し作業も必要になります。しかし、コワーキングスペースなら最低パソコンだけ持ち込みするだけで、事務作業などを始めることができます。また、書類の印刷などには設置されたOA機器を利用することができます。さらに仮オフィスでも必要になるのが、面談スペースや会議室です。しかし、これらの設備もコワーキングスペースでは完備しており、一定時間まで無料で使用できるなどのメリットもあります。仮オフィスでも取引先との打ち合わせを行ったり、社内のプロジェクトを行うにあたって必要な打ち合わせも行うことができます。さらにコワーキングスペースは敷金や礼金が不要になるだけでなく、違約金の心配もありません。