ミーティング

業務用ネット回線が完備されたコワーキングスペースを契約しよう

テーブルの上の資料

コワーキングスペースはオフィスフロアや会議室、OA機器やさまざまな設備や備品を共同で利用することからオフィスの開設費用やランニングコストが抑えられるというメリットがあります。また、空調が常に管理され、清掃も常に行き届いているため綺麗な環境で仕事を行うこともできます。ところが、コワーキングスペースはインターネット回線も共用となるため、物件次第では業務に影響をきたす通信回線速度になることもあります。そこで、コワーキングスペースを契約する際には、業務用インターネット回線が導入されている物件を選ぶ必要があります。コワーキングスペースの中には、業務用ではなく一般消費者向けの光回線を使用していたり、Wi-Fi端末が市販品で性能の高くないものを使用しているケースもあります。この場合、利用者数に応じてインターネット回線の負荷が増えるため、満足できるネット環境を確保しやすくなります。特にサテライトオフィスとして活用する際には、本社や各事業拠点と大容量のデータをクラウドシステムを利用して受け渡しすることもあります。そのため、コワーキングスペースは業務用のネット回線が使用されているかどうか事前にチェックしておく必要があります。コワーキングスペースの中には、内覧に対応していたり、ドロップインで使用できる物件もあります。実際に現地確認を行うこともできるため、不安な際には一時的に利用するのもおすすめです。