ミーティング

気軽に利用できるお洒落なコワーキングスペースで楽しく仕事しよう

オフィスチェア

自宅で仕事をすることが多い職業の代表格と言えば、フリーランスのライターです。パソコンがあればどこでも仕事がしやすい職業のひとつで、会社を独立してフリーランスになれば自宅でも仕事をすることが可能です。同様にクリエイティブな職業や専門職でフリーになる方は多いのですが、自宅での作業は良い面もあれば悪い面もあるようです。人によっては、オンオフの切り替えがしにくい点で作業効率が上がらない場合もあるようです。フリーランスの方々は収入面で安定しないことも少なくないため、事務所を構えることはハードルが高いです。しかし最近は共有空間を低料金で利用できるオフィスが増えています。気軽に利用しやすいコワーキングスペースもそのひとつです。同じような立場の人たちが集まるオフィスとして、コワーキングスペースは仲間づくりの場としても人気があります。格安で利用できるコワーキングスペースも大変多く、フリーランスでも負担が少ないオフィスとなっています。仕事に必要なネット環境もデスクなどの準備もあるため、契約と同時にすぐにオフィスとして稼働できます。自宅と比較すれば格段にメリハリがつけられる良い環境で仕事ができます。お洒落なコワーキングスペースも多いので、気に入った所を選んで楽しく仕事を行っていきましょう。

コワーキングスペースで起業間もない期間の費用を抑えよう

起業を検討している方の中には、賃貸オフィスを契約して事業活動の拠点にしようとしている方がいるのではないでしょうか。しかし、賃貸オフィスは賃料だけでなく、敷金や礼金、内装工事費用、OA機器や備品類の購入費用が初期投資として発生します。そのため、起業間もない時期では売上げがあがるまでの期間は赤字になるだけでなく、売掛金の入金が完了するまで運転資金の減少に悩まされることになります。そこでコワーキングスペースを利用するのがおすすめです。コワーキングスペースはオフィス機能が整っており、最短数日で事業活動を行えるようになります。コワーキングスペースなら内装工事やOA機器やOA家具を購入する必要もなく、不安定な時期の経費を抑えることができます。さらに利用料金も賃貸オフィスに比べ安く、2~3万円で法人登記に対応したコワーキングスペースを利用できます。そしてコワーキングスペースは賃貸オフィスのように敷金や礼金で数十万円から百万円を超えるような初期費用もありません。賃料が安く、ランニングコストも抑えられ、売上げがあがらない期間に固定費の支出だけで赤字が膨れあがることもありません。手狭になり規模を拡張したいという際には賃貸オフィスのように移転しにくいということもなく、経営が軌道に乗せるまでの足掛かりの場所として利用するにもおすすめです。

出張先での業務スペースとしてコワーキングスペースを活用しよう

出張が多い営業担当者にとって、情報漏洩を気にせず、ネット通信環境と電源確保を確実に行える作業スペースの確保は重要になります。出張といっても、相手との待ち合わせまでの時間を利用して事務作業や報告書作成を行ったり、受注確認や発注業務を行うなども実際には可能です。しかし、カフェやファストフード店は電源確保やネット通信環境をわざわざ調べる必要もあるものの、コワーキングスペースならその必要がありません。コワーキングスペースは事務スペースとしての環境が整い、フリーアドレス制の席でも電源が確保でき、業務用のネット通信環境が整っています。そのため、ノートパソコンのバッテリー残量を気にせず、大容量のデータ通信も行うことができます。さらにコワーキングスペースはドロップインのプランもあり、一時的な利用も可能です。頻度の少ない出張、定期的に遠方出張する場合でも必要な時だけ利用できます。また、コワーキングスペースは事務スペースだけでなく、会議室なども完備されており、出張時の取引先との打ち合わせにも利用することができます。取引先から近い場所を選定すれば、事務作業を行うスペースで打ち合わせも完了させられ、時間が無駄にならずに済みます。また、空き時間を利用することで業務効率化に繋がり、出張頻度が多く、事務作業が滞って業務負荷が増えるということも避けられます。

大阪のコワーキングスペース、【ON the UMEDA】は非常にアクセスしやすく、利用しやすい場所にあることから人気があります。利用プランも様々ですので、大阪のコワーキングスペースをお探しの方はおすすめです。